NEWS

2018.06.17 不動産投資で得られる収益は「不労」所得なのか?

「不労所得」とは言うけれど…

そもそも「不労所得」とは

不労所得とは労働しないで得る所得のことをいいます。具体的には銀行の預金から生じる利息や株式から得られる配当、不動産投資から生じる家賃などのことを指します。労働の対価としての所得と対になる概念になっています。

不動産投資によって得られる収益は「不労所得」?

言葉の定義では不動産投資によって得られる収益は「不労所得」という位置づけになっています。しかし、本当に全く苦労しないで不動産投資で利益を得ることはできるのでしょうか?

不動産投資につきまとう「労力」

家賃収入は「不労所得」との位置づけですが、本当に苦労せずに不動産投資で利益を上げることは可能なのでしょうか。ここでは、不動産投資を分析することで不動産投資に必要なことを考えていくことで、その答えを探ってみましょう。

不動産投資に必要不可欠な「学習」

不動産投資に必要不可欠な「学習」は下記のような学習が必要になります。

・基礎的な簿記知識

不動産投資は他の投資と違って「事業」という側面があります。事業にかかる費用や収益をはっきりさせることで、不動産投資に対する将来像を描きやすくなります

・簡単な税務知識

不動産投資による節税効果を享受するために、簡単な税務知識も必要になります

・ローンに関する知識

不動産投資はローンで資金を賄うため、上手くローンを活用できる知識が必要です

・不動産物件に関する知識

不動産の価値は立地条件や建物の構造、利回りなどで決定されています。自分で投資対象を「妥当な」価格であると判断することができる知識が必要です

・経営者としての資質

これが一番重要な知識になります。経営者としての視点で不動産投資に取り組めるのか?

経営者としての知識は経験則が一番重要になります。ですから、投資初心者は経験豊かなパートナーを見つけることが不動産投資の成功のカギになります。

 

「信用」を得るためのプロセス

不動産投資で重要なファクターに「信用」があります。ローンの査定でも自分自身の持っている個人の信用情報が重要視されます。こういった情報は一朝一夕で得られるものではありません。

長い間培ってきた、学歴・職歴などが評価されます。そういった評価は人生の積み重ねでしか得ることのできない、かけがえのない財産なのです。

 

完全なる「不労」ではないが、ポイントさえ押さえれば誰でも成果を見込める

「何もせずに楽して儲かります!!」という文言に踊らされ、不動産投資に足を踏み入れれば当然しっぺ返しがあります。不動産投資で重要なことは投資家個人の持っている能力そのものです。

例えば…「着けているだけで痩せる健康器具」vs「最新科学に基づいたトレーニングメソッド」。あなたはどちらを信じたいと思えますか?

根拠のない宣伝文句では、どの世界でも食い物にされるだけです。確固たる実力をつけた投資家がどの世界でも勝利者になるのです。

正しい知識を身に着け、不動産投資でも勝利者になれるよう、日々精進していきましょう。

 

NEWS

2018.06.15 初めの投資だからこそ不動産を選ぶ理由

不労所得を得る最もリスクの低い道とは?

「サラリーマン大家さん」が流行語になるほど、サラリーマンの副業として不動産投資が盛んになっています。なぜ、不動産投資が流行っているのでしょう?それは不動産投資がミドルリスク・ミドルリターンの、初心者でも敷居の低い投資方法だからだといえます。

誰でも「もっと自由にできるお金があったらな…」と思うはずです。でもできるだけリスクは避けたい。そんなわがままな願いを叶えてくれる投資方法がまさに、不動産投資と言えるでしょう。

FX・株式投資と比べた不動産投資の魅力

FXや株式はどんなに熟練のトレーダーでも損をすることがあります。リーマンショックではたった2か月で日経平均指数が12,940円から6,994円まで暴落しました。

株式やFXの場合は、毎日のように相場が動きます。そのため、仕事をしながらでは、次から次へと起きる値動きに対処しきれないという性質があります。また毎日のニュースや決算時期の企業の決算チェックなど、情報収集にも多くの時間を割かなければいけません。

そこまで時間をつぎ込んでも、短期間で株価が半値になったりすることは日曜茶飯事。まさにハイリスク・ハイリターン投資商品の代表格と言えます。

比較して不動産投資の場合、リスクは限られています。大きなリスクといえば、災害によって投資不動産が滅失してしまう場合でしょうか。しかし災害による不動産の棄損や滅失の場合は保険が適用されます。ですから実際に大きな被害を被ることは、想定の外と言ってもよいでしょう。

不動産投資には他にも空室リスク・金利リスク・滞納リスクなどがあるのはご存知のことです。しかし、これらのリスクはしっかりとした不動産投資に関する知識を持っていれば、対処できる事案ばかりです(詳しくは今後の記事で解説を行っていきます)。

リスクヘッジしやすさがポイント。「不動産投資」の魅力

不動産投資の不安を取り除くには

前述してきたように不動産投資はリスクの低い投資商品だということがお分かりいただけたと思います。

しかし、リスクに対する不安は払しょくできても、大金が動く上に難しい知識が必要な不動産投資に初心者が飛び込むのは少し勇気がいるものです。できれば一緒に不動産投資に取り組んでくれるプロがいたらいいなと思いませんか?

収益物件.comならアプリをダウンロードするだけで、その場が不動産投資のレッスン場に変化します。どんな場所に居ながらでも隙間時間にでも不動産投資の勉強をすることができます。

しかも収益物件.comなら、その道を究めた士業(税理士・行政書士・弁護士)の専門家や百戦練磨の不動産会社、不動産流通機構のスタッフにチャットで気軽に相談することができるのです。不動産業を極めたプロのアドバイスがあれば、初心者でも安心して不動産投資に取り組むことができます。

確実に、専門家からの答えが返ってくる収益物件.comなら「不安だけど、投資について相談できる人がなかなかいない」と言った方の救世主になります。独学で始める投資家にこそ収益物件.comはピッタリなアプリです。収益物件.comを利用して、確実に収益をあげる不動産投資家になっていきましょう。